HOME倒産速報一覧 > 倒産速報詳細

倒産速報

倒産速報詳細

株式会社ピアス(岐阜県)

2019年09月30日

破産申請へ   負債:8億円(2社合計)

会社情報

所在地 岐阜市西荘1-9-7
業種 婦人ボトムス製造 代表者 田中哲夫氏
年商 15億5000万円(2019/1期) 従業員数 18人
設立 1978年3月 資本金 3600万円

概況

 傍系の㈲ソーイングピアスともども27日付で事後を武藤 壽弁護士(岐阜市端詰町55 オフィスI・O・P3階、武藤壽法律事務所、℡058・264・7887)に委任、自己破産申請の準備に入った。
 婦人ボトムス専業で、ヤングを対象とするパンツを海外製品主体に扱い、自社ブランド「ドナピアス」「ピアニール」「レゾン」を展開。量販店や通販業者、専門チェーン店などに営業基盤を形成し、ピーク時の1999/1期には年商21億2952万円を計上していた。
 しかし、その後は市況低迷の影響などから減収基調を辿り、赤字期を散発。このため、取扱品を当時得意としたスカートに特化することで、2013/1期には売上高18億4928万円まで売上を回復させたものの、為替相場の変動や海外生産のコスト高などから利益面は依然として低調な内容に終始し、余力のない資金繰りが続いていた。
 直近期は前記年商にとどまり、さらに厳しい経営状況に陥っていたところ、先行きの見通しが立たたなくなり、ついに今回の事態となった模様。
 負債は㈱ピアスが約6億円、㈲ソーイングピアスが約2億円、2社合計で約8億円。

倒産速報一覧へ戻る

ページの先頭へ