HOME倒産速報一覧 > 倒産速報詳細

倒産速報

倒産速報詳細

株式会社 ワボー(山形県)

2019年05月08日

破産申請へ   負債:6億1608万円

会社情報

所在地 米沢市門東町
業種 婦人服地卸ほか 代表者 嘉藤嘉明
年商 7億3306万円(2018/6期) 従業員数 13人
設立 昭和24年10月 資本金 5595万

概況

 7日付で事後を手塚孝樹弁護士(山形市本町1-4-27・セントラル山形ビル705、弁護士法人手塚橋本法律事務所、℡023・625・0315)ほか1名に委任、現在自己破産申請の準備中である。
 2018/6期末時点の負債は、6億1608万円。
 呉服販売業としてスタート。その後、扱い品の幅を広げ、近年は合織物・正絹物などの婦人服地を主体に、和装・呉服・アパレル製品のOEM生産も手掛け、東京・大阪地区の繊維商社などを中心に営業基盤を形成、1999/6期には年商20億4255万円を計上していた。翌2000/6期には年商16億7994万円に落ち込み、その後は10億円台で一進一退の業績推移となり、2012/6期には円高による中国輸出事業の中止や東京事務所の閉鎖などに伴い年商10億円を割り込んだ。
 以降も主力販売先の事業撤退や山形支店の閉鎖などに伴い減収基調が続き、2016/6期には新規開拓に係る経費増に加え、過年度の貸倒損失処理などにより赤字に転落。翌2017/6期には人員削減などのリストラ策を講じたが、販管費負担を吸収出来ず営業段階からの赤字に加え、関連会社であった㈱クリエイトの破綻(既報2017年6月5日付ほか参照)に伴う貸倒引当金繰入損などの特別損失もあり、1億1135万円の大幅な最終赤字を計上し、債務超過に転落した。
 最近では、新規取引先の開拓や既存先との取引拡大などに注力したが奏功せず、資金繰りも限界に達し、今回の措置となった模様。

倒産速報一覧へ戻る

ページの先頭へ