HOME倒産速報一覧 > 倒産速報詳細

倒産速報

倒産速報詳細

株式会社 グランカスケードインク(東京都)

2019年02月04日

破産申請へ   負債:

会社情報

所在地 渋谷区恵比寿西
業種 婦人服製造小売ほか 代表者 大瀧明弘氏
年商 9億1000万円 従業員数 20人
設立 平成9年12月 資本金 2000万円

概況

 2月1日付で事後を川村潤司弁護士(東京都中央区銀座4-9-6・陽光銀座三原橋ビル6階、中島信一郎法律事務所、℡03・6226・2200)ほか3名に委任、自己破産申請の準備に入った
 負債は、現在調査中。
 20~40代をターゲットとした婦人服全般の扱いで、自社ブランド「グーコミューン」を展開。全国の百貨店やショッピングモールに店舗を構えるほか、アパレルメーカーへの卸売りも手掛け、ピーク時の2002/7期にはFC含めて10数店舗を運営し、年商13億3600万円を計上、利益も無難に確保していた。
 しかし、市況低迷の影響を受けて以降の売上は下降線を辿り、2007/7期には年商7億2568万円にまで低下。このため、店舗のスクラップ&ビルドと卸売先の見直しを推進し、2013/7期には年商10億3316万円まで一旦は回復したが、2015/7期には有力出店先である百貨店の不振などから再び年商10億円を割り込み、赤字期も散発するようになるなど、業況は厳しさを増していた。
 こうした中、2015年12月には代表者の知己先から資本面などの支援を得るほか、最近では不採算店舗の閉鎖を進めて6店舗に規模を縮小、同時に人員も削減してコスト圧縮の経営に努めていたものの、状況の改善には至らず、財務内容も債務超過に陥り、新たな資金調達も限界に達したことから、ついに今回の措置となった。
 なお、2月4日現在、一部の店舗は営業を継続しているが、デベロッパーと閉店のタイミングについて協議中の模様。

倒産速報一覧へ戻る

ページの先頭へ