HOME倒産速報一覧 > 倒産速報詳細

倒産速報

倒産速報詳細

株式会社 ミレーヌ友田(東京都)

2019年01月16日

破産手続開始   負債:7億2717万円

会社情報

所在地 新宿区新宿
業種 婦人服製造、小売 代表者 友田 求
年商 7414万円 従業員数 6人
設立 昭和47年 資本金 9500万円

概況

 12月21日東京地裁に自己破産を申請、同月26日同地裁から破産手続開始の決定が下りた(事件番号平成30年<フ>第9650号)。
 負債は、債権者79名に対し7億2717万円。 
 30代前後をターゲットとしたパーティー向けのワンピース・ブラウス・シャツなどの婦人服全般の扱い。自社ブランド「セラヴィ」を擁し、全国の百貨店、専門店に直営店、インショップを構え、1986年(昭和61年)頃には30店舗を展開し、年商18億円を計上していた。
 しかし、以降は景気低迷に伴う取引先の業績低迷や同業他社との競合などから業績は後退。このため、直営店舗を順次閉鎖するほか、2007/7期には本社不動産を売却して借入負担を軽減するなど資産のスリム化を進めたが、業績回復には至らず、2014年10月20日決済の工面がつかなかったことから一旦は事業を停止(既報2014年10月22日付参照)する事態となった。
 こうした中、取引先の協力が得られることとなったため、事業停止を通知した2日後の22日に事業を再開(既報2014年10月23日付参照)。その後、業況改善に向け出店攻勢を強めたものの、計画通りの売上を確保する事が出来ず赤字幅が拡大。取引先や従業員への支払いも困難となり、さらに税金の未払いに伴い売掛金が差押えられるなど、ひっ迫した資金繰りを余儀なくされていた。
 2018/7期には前記年商まで落ち込み、多額の債務超過に陥り、先行きの見通しが立たない事から2018年10月に新設された別会社に事業を譲渡。翌11月に事業を停止し、今回の措置となった。

倒産速報一覧へ戻る

ページの先頭へ