HOME倒産速報一覧 > 倒産速報詳細

倒産速報

倒産速報詳細

株式会社 スタジオ・ポアックほか2社(大阪府)

2018年08月24日

民事再生法申請   負債:81億2783万円(3社合計)

会社情報

所在地 大阪市天王寺区上本町
業種 靴下ほか卸 代表者 辻本憲之
年商 15億円 従業員数 68人
設立 平成6年7月 資本金 5000万円

概況

 24日大阪地裁に民事再生法を申請(事件番号平成30年〈再〉第7号)、同日監督命令が下りた。
 申請代理人は野上昌樹弁護士(大阪市北区、弁護士法人大江橋法律事務所、℡06・6208・1500)ほか。監督委員には増市 徹弁護士(大阪市中央区、共栄法律事務所、℡06・6222・5755)が選任されている。
 なお、親会社の㈱TSBホールディングス(奈良県磯城郡、代表者同、靴下製造ほか)並びに傍系の辻商㈱(奈良県磯城郡、代表者同、靴下ほか小売)は、大阪地裁に自己破産を申請している。
 負債は㈱スタジオ・ポアックが16億8683万円(保証債務含む)、㈱TSBホールディングスが30億600万円、辻商㈱が34億3500万円(保証債務含む)、3社合計で81億2783万円。
 また、債権者説明会を29日(水)午後2時から「TKP大阪難波カンファレンスセンター」(大阪市中央区)で開催する。
 婦人靴下を主体に、タイツ、パンスト、インナーウエアなどを扱い、全国の量販店を中心に、専門店などに販路を築き、25/5期には年商15億9717万円を計上していた。
 しかし、その後は同業他社との競合などから減収傾向となり、収益面も既往より赤字期が散発するなど低調な推移を強いられていた。
 こうした中、親会社の㈱TSBホールディングスが経営不振から破産を申し立てる事態となり、連鎖する形で今回の措置となった模様。

倒産速報一覧へ戻る

ページの先頭へ